Now Loading…

NEWS

2021.08.02

コメント映像<髙嶋政宏>編!




髙嶋政宏コメント
 映画『醉いどれ天使』は数え切れないくらい何度も観てきた作品です。それを舞台化する。しかも三池崇史監督の演出で。その興奮は凄まじかったですね〜。だいたい僕は、舞台に出演するときは自分の感覚だけで“これは絶対面白い!”と感じたら台本読まずにお受けするんですが、今回はその極めつけ!
 黒澤明監督作品を初めて観たのは小学校高学年くらいのときです。最初は『用心棒』から入ったんですが、当時は『燃えよドラゴン』や『ジョーズ』が流行っていて、僕もブルース・リーとスティーブン・スピルバーグにハマっていたところに、日本にも三船敏郎というこんなカッコいい俳優がいるんだ、こんなに偉大な映画監督がいるんだと大変な衝撃を受けたことを覚えています。そこから『椿三十郎』『七人の侍』と観ていって、いまだに三船さんは僕のヒーローなんです。デビューして数年たって、ある映画のパーティーで一度だけお会いできたんですが、それからさらに観漁った時期にこの『醉いどれ天使』と出会うわけです。あのギラギラした松永。台詞は何を言ってるのかわからないところもありますが、その勢いには息をするのも忘れるくらい!『醉いどれ天使』は、その勢いが肝。もちろん舞台では、あまり早口にならず聴き取れる滑舌で頑張ります(笑)
 その『醉いどれ天使』で、岡田という役をやれるというのは非常に感慨深いものがあります。松永の前に現れる最大の“壁”と言っていい役ではありますが、岡田も夢半ばで死んでいく儚いヤツなんですよ。そんなことをふまえて、エンターテイメントに仕上げてお客様を最後まで飽きさせないようにしなければ!といまは気合い入れています。様々な色を見せていかないと「面白かったね」とは言ってもらえないと思うんです。「すごかったけど疲れたね」ではいけない。エンターテイメントとして、どう魅せるかですよね。明治座という大きな舞台でどう表現するのがいいのかということも稽古で探っていくことになると思います。
 でも脚本は、どちらかというと明治座ではなく、僕が好きでよく行く下北沢の本多劇場のような、小劇場の匂いがプンプンするんです。それを明治座で上演するというのが面白い。すばらしいと思いました。また、昭和の匂いも濃いんです。聞くところによると、いま上演するからこそ、あえて昭和のまんまをやることをポリシーとしているということだったので、それが今の若い世代には新しく映るという面白さもあるかもしれません。ビジュアル撮影の雰囲気も、僕はもう昭和のヤクザかシチリアのマフィアかという感じですからね(笑)何か匂い立つようなものがあって、皆さんが目にする写真は、最高のものが出来上がったんじゃないでしょうか。ただし、このまま稽古場に行ったら、三池監督に「内に入り込みすぎだよ」って言われそうですが(笑)
 僕にとっては、念願の三池監督との仕事。『殺し屋1』が大好きで人間を縦に真っ二つに切るあのバイオレンス、もう最高です。そこから察するに、僕とはまた違ったフェチの変態だと思うので(笑)そんな話も楽しみながら柔軟に稽古ができたらいいなと思います。それから、松永と岡田の立ち回り、いやもう殺し合いですね、それをどう演出してくださるのか。ギリギリのところでの戦いを怪我のないように(笑)やりきりたい。そして、それはやはり生で観ていただくのが一番だと思うんです。生身の人間が吐き出す声やほとばしる汗を感じて、人間が生きているっていうことを観ていただけたら何よりです。
2021.07.26

コメント映像<篠田麻里子>編!




篠田麻里子コメント

今回最初にうれしかったのが、演出の三池崇史監督とまたご一緒できることでした。監督とは、映画『テラフォーマーズ』、ドラマ『魔法×戦士 マジョマジョピュアーズ』という、両極端にあるような(笑)、2作品でお仕事させていただきました。カッコいいものからかわいいものまで手がけられる幅広さはさすがだなと当時も感じていたんですけど、今度は舞台ということでまた違う三池さんの演出が受けられるのではないかと今から楽しみにしています。また、一見怖そうな監督ですが、実はお茶目でやさしくてかわいくて、一緒にお仕事していて本当に楽しい方です。
 また、黒澤明監督の映画がどう舞台化されるのかということも、今から楽しみで仕方ありません。映画は、メインキャストの方のみならず周りの隅々の方まで、演じているのではなくその世界に生きているなと感じられて、その時代に生きている人たちがそこにいるということがとても魅力的でした。今観ても色褪せずに、そしてみんなが黒澤映画に憧れるのは、だからなのだろうなと思ったのですが、その雰囲気を舞台でどう表現していくのか。私もしっかりその時代に生きる人になりたいと思います。
 演じる奈々江は、町を仕切っている松永の恋人として登場します。でも、松永の力が弱くなるともっと強いほうについていこうとする。私は戦後を知らないですけど、あの時代の女性が大変な世の中を生き抜くには、そうせざるを得なかった部分もあると思います。だから、奈々江がなぜここまで上に上がろうとするのかというのを自分の中で追求していくと、すごく楽しいです。実際、映画では描かれていないところまで、今回の舞台では描かれていくので。ひと言で悪女と括ることのできない芯の強さや、逆の弱さやもろさ、切なさまで自分が体現することができたら、奈々江の人間らしさが見えて、この役が面白いものになるだろうなと思っています。
 ビジュアル撮影では、まず表面の凛とした強さは引き出していただけたのではないかなという気はしています。あの時代独特の髪型も撮影しているうちに馴染んできて(笑)、これが奈々江なのだなと思えてきました。稽古ではさらに、特に松永に対する思いなど、内側を深めていって、蓬莱竜太さん・三池監督が描いた奈々江になっていきたいですね。あと、ダンスシーンも奈々江の見どころのひとつなので、どんな感じになるのかはまだわかりませんが、妖艶さのある魅力的な感じが出せるように頑張りたいと思います。
 錚々たる皆さんが揃っている今回の座組に入れることも、私にとっては大きな喜びです。お芝居って、自分から出すものももちろんありますけど、相手からもらって何かが自分から引き出されるということもすごく多いと思うので、先輩の方々のお芝居から、自分が思い描いている奈々江がどう広がっていくのかが楽しみです。それから、佐々木希さんと田畑智子さんは、私と同じくお子さんがいらっしゃってお母さんの先輩でもあるので、働く女性として母として勉強になる部分もいっぱい吸収できたらなと思っています。
 みんなが苦労して、みんながどうしていいかわからない状態だった戦後は、今のこの大変な状況にも重なるのではないかなと思います。だからきっと、この登場人物たちと一緒に生きる意味ってなんだろうとと考えたり体感したりすることが、少しの希望になるのではないかなとも思います。演じる自分にとっても、毎日毎日違っていて新しいものが生まれてくる舞台は楽しい場所。お客様と一緒に何かを発見していけたらうれしく思います。
2021.07.19

本日、製作発表記者会見を行いました!

☆☆☆☆☆★19_0003
(後列左から)三池崇史(演出) 篠田麻里子 田畑智子 蓬莱竜太(脚本)
(前列左から)佐々木 希 高橋克典 桐谷健太 髙嶋政宏

☆☆☆☆☆★19_0025


☆☆☆☆☆★19_0025
脚本:蓬莱竜太

☆☆☆☆☆★19_0003
演出:三池崇史

☆☆☆☆☆★19_0025

☆☆☆☆☆★19_0003
桐谷健太

☆☆☆☆☆★19_0025
高橋克典

☆☆☆☆☆★19_0003
佐々木 希

☆☆☆☆☆★19_0025
田畑智子

☆☆☆☆☆★19_0025
篠田麻里子

☆☆☆☆☆★19_0025
髙嶋政宏

☆☆☆☆☆★19_0003

☆☆☆☆☆★19_0003

☆☆☆☆☆★19_0025
撮影:田中亜紀



【登壇】
脚本:蓬莱竜太 演出:三池崇史    
出演:桐谷健太 高橋克典 佐々木希 田畑智子 篠田麻里子/髙嶋政宏

公演は、9月3日(金)~9月20日(月祝)明治座にて、10月1日(金)~10月11日(月)新歌舞伎座にて上演いたします。

※ただいま先行予約受付中!

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。