Now Loading…

NEWS

2021.07.26

コメント映像<篠田麻里子>編!




篠田麻里子コメント

今回最初にうれしかったのが、演出の三池崇史監督とまたご一緒できることでした。監督とは、映画『テラフォーマーズ』、ドラマ『魔法×戦士 マジョマジョピュアーズ』という、両極端にあるような(笑)、2作品でお仕事させていただきました。カッコいいものからかわいいものまで手がけられる幅広さはさすがだなと当時も感じていたんですけど、今度は舞台ということでまた違う三池さんの演出が受けられるのではないかと今から楽しみにしています。また、一見怖そうな監督ですが、実はお茶目でやさしくてかわいくて、一緒にお仕事していて本当に楽しい方です。
 また、黒澤明監督の映画がどう舞台化されるのかということも、今から楽しみで仕方ありません。映画は、メインキャストの方のみならず周りの隅々の方まで、演じているのではなくその世界に生きているなと感じられて、その時代に生きている人たちがそこにいるということがとても魅力的でした。今観ても色褪せずに、そしてみんなが黒澤映画に憧れるのは、だからなのだろうなと思ったのですが、その雰囲気を舞台でどう表現していくのか。私もしっかりその時代に生きる人になりたいと思います。
 演じる奈々江は、町を仕切っている松永の恋人として登場します。でも、松永の力が弱くなるともっと強いほうについていこうとする。私は戦後を知らないですけど、あの時代の女性が大変な世の中を生き抜くには、そうせざるを得なかった部分もあると思います。だから、奈々江がなぜここまで上に上がろうとするのかというのを自分の中で追求していくと、すごく楽しいです。実際、映画では描かれていないところまで、今回の舞台では描かれていくので。ひと言で悪女と括ることのできない芯の強さや、逆の弱さやもろさ、切なさまで自分が体現することができたら、奈々江の人間らしさが見えて、この役が面白いものになるだろうなと思っています。
 ビジュアル撮影では、まず表面の凛とした強さは引き出していただけたのではないかなという気はしています。あの時代独特の髪型も撮影しているうちに馴染んできて(笑)、これが奈々江なのだなと思えてきました。稽古ではさらに、特に松永に対する思いなど、内側を深めていって、蓬莱竜太さん・三池監督が描いた奈々江になっていきたいですね。あと、ダンスシーンも奈々江の見どころのひとつなので、どんな感じになるのかはまだわかりませんが、妖艶さのある魅力的な感じが出せるように頑張りたいと思います。
 錚々たる皆さんが揃っている今回の座組に入れることも、私にとっては大きな喜びです。お芝居って、自分から出すものももちろんありますけど、相手からもらって何かが自分から引き出されるということもすごく多いと思うので、先輩の方々のお芝居から、自分が思い描いている奈々江がどう広がっていくのかが楽しみです。それから、佐々木希さんと田畑智子さんは、私と同じくお子さんがいらっしゃってお母さんの先輩でもあるので、働く女性として母として勉強になる部分もいっぱい吸収できたらなと思っています。
 みんなが苦労して、みんながどうしていいかわからない状態だった戦後は、今のこの大変な状況にも重なるのではないかなと思います。だからきっと、この登場人物たちと一緒に生きる意味ってなんだろうとと考えたり体感したりすることが、少しの希望になるのではないかなとも思います。演じる自分にとっても、毎日毎日違っていて新しいものが生まれてくる舞台は楽しい場所。お客様と一緒に何かを発見していけたらうれしく思います。
2021.07.19

本日、製作発表記者会見を行いました!

☆☆☆☆☆★19_0003
(後列左から)三池崇史(演出) 篠田麻里子 田畑智子 蓬莱竜太(脚本)
(前列左から)佐々木 希 高橋克典 桐谷健太 髙嶋政宏

☆☆☆☆☆★19_0025


☆☆☆☆☆★19_0025
脚本:蓬莱竜太

☆☆☆☆☆★19_0003
演出:三池崇史

☆☆☆☆☆★19_0025

☆☆☆☆☆★19_0003
桐谷健太

☆☆☆☆☆★19_0025
高橋克典

☆☆☆☆☆★19_0003
佐々木 希

☆☆☆☆☆★19_0025
田畑智子

☆☆☆☆☆★19_0025
篠田麻里子

☆☆☆☆☆★19_0025
髙嶋政宏

☆☆☆☆☆★19_0003

☆☆☆☆☆★19_0003

☆☆☆☆☆★19_0025
撮影:田中亜紀



【登壇】
脚本:蓬莱竜太 演出:三池崇史    
出演:桐谷健太 高橋克典 佐々木希 田畑智子 篠田麻里子/髙嶋政宏

公演は、9月3日(金)~9月20日(月祝)明治座にて、10月1日(金)~10月11日(月)新歌舞伎座にて上演いたします。

※ただいま先行予約受付中!

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
2021.07.12

コメント映像<田畑智子>編!




田畑智子コメント

 三池崇史さんが演出され、蓬莱竜太さんが脚本を書かれる。そうお聞きしたときから、ワクワクとドキドキが止まりませんでした。まず三池さんは、以前に一度、『夜叉ヶ池』という舞台でご一緒したことがあって、絶対にまた三池さんの演出作品をやりたいと思っていたんです。というのも、当時、私は舞台がまだ2作目で、作品自体も泉鏡花原作の奥の深いものだったので、自分は何もできなかったという心残りがあって。三池さんの演出には、舞台ってこんなにスタイリッシュでカッコよく作られるものかという驚きを感じつつも、あまりお話もできませんでしたから。リベンジではないですが(笑)、少しでも成長した自分を見てもらいたいなという気持ちがあるんです。
 また、蓬莱さんの脚本は、『母と惑星について、および自転する女たちの記録』の初演と再演で経験させていただいていて、思いが乗せやすい柔らかい言葉を使っていらっしゃって、台詞がすんなり入ってきた記憶があります。今回の脚本も、登場人物それぞれに、温度とか匂いとかその人が背負っているものが感じられて、蓬莱さんの言葉によって、キャラクターの色や形が浮き彫りになって、人間の厚みがより出ているような感じがします。読み始めたらノンストップで「もう終わってしまった!」という感じでしたし(笑)、これがどんなふうに立ち上がっていくのか、とても楽しみです。
『醉いどれ天使』については、恥ずかしながら今回初めて知りました。黒澤明監督の作品ということで身構えて観始めたんですけど、松永と真田のやりとりが心地よく、たまにそれが滑稽に見えることもあって、とても楽しく拝見しました。ほかの黒澤さんの作品もそうですが、人間として魅力的な人たちがたくさん出ているなという印象で、カメラワークなど作り方も斬新で。だから映画の原点と言われ、海外からも高い評価を受けているんだな、やはり観ておかなきゃいけないものだなと、改めて感じました。
 私が演じる美代も、その魅力的な人物たちのひとりです。彼女は、ある過去の出来事から身を隠すようにして真田の診療所に住み込みで働いているんですけど、脚本を読むと背中を丸めているイメージはなくて。その出来事は美代に相当なダメージを与えていると思うんですが、それでも前向きに生きていこうとしているんです。だから、ちゃんと地に足をつけて、スッと背筋を伸ばして、まっすぐ前を見てという感じで、舞台に立っていたいなと思います。もちろん過去に凄まじい経験をしてきたということもしっかり内に抱えながらですけど。でも、面倒見がいいところもありますし、芯の通った強く温かい女性に見えたらいいなと思っています。
 ビジュアル撮影は楽しかったですね。私自身、昭和レトロな感じが好きで、よく久世光彦さんの作品で戦中戦後の話を演じてきて慣れ親しんできた世界でもあるので、久々にこういう世界に入れるのは嬉しく、本番でもどんな格好ができるのか楽しみです。それから、撮影スタッフの方々のイメージをお聞きしながら、「美代はそんなふうにも見えるのか」という発見があったり。美代という人間を深く厚くしていけたらなと改めて思えて、とてもいい時間を過ごせました。
 これから稽古に入りますが、楽しみがいっぱいです。松永と真田のぶつかり合いは、きっと温かいものが生まれるでしょうし。生きようという熱を持った人たちがぶつかり合っていく物語なので、すごくいい相乗効果でお芝居が出来上がっていくんじゃないかと思うんです。今は大変な時期です。でも、舞台を観て少しでも忘れていただいて、その熱量を感じていただければと思います。









































2021.07.05

コメント映像<佐々木 希>編! 




佐々木 希コメント

 舞台に出演するのは2度目なので、とても緊張しています。今回お話をいただいた時は驚きました。でも、初舞台の時に、すごく緊張しながらも終わった後には、挑戦できて良かったなと思える経験ができたので、また挑戦したいという思いがどんどん湧いてきて、今回出演させていただくことを決めました。
 黒澤明監督の作品は、これまでいくつか拝見していますが、どれも迫力があり、そして演じられている皆さんの存在感が強くカッコいいなという印象を持っています。
そして『醉いどれ天使』の映画も、黒澤監督のこだわりがたくさん詰まっているなと感じました。撮影された時期も、描かれている時代背景もずいぶん前ですが、今観てもおしゃれで、カッコいいなと思うところが、セットや音楽、演出のあちこちにあって。本当に素敵な作品だなと思います。
 私が演じるぎんは、とにかくピュアな女性です。過去の怪我で足を悪くしていたり、辛さや悩みを抱えているにも関わらず、ひたすらに松永のことを想い、彼を何とか助けたいと考えている…そんな真っ直ぐさがパワフルでカッコいいなと思うので、私もエネルギッシュに演じられたらなと思っています。
 松永も闇を抱えている人ですよね…。素直に思っていることを表に出せずに、すぐ人とぶつかってしまう不器用な松永は、人間らしいなと思います。そんなところに、ぎんは惹かれたのだろうなと思います。不器用で、葛藤しながらも頑張っている松永を見守る寛大な女性を演じたいですね。
 ビジュアル撮影では、(スタッフさん達のおかげで)黒澤監督の映画のモノクロの世界に入るような感覚で、ぎんの気持ちにすっと入っていくことが出来ました。浴衣の襟元に巻物をするというアイデアや、後れ毛一本一本にもこだわっていたりと、衣裳もヘアメイクも丁寧に作っていただきました。生活感が出ていて、でも品や昔っぽさもあってと、その絶妙なバランスをスタッフさんと共に表現出来たのではないかと思います。実際の舞台もきっと、こんなふうに職人の方々の技が光るものになると思いますので、今から楽しみで仕方ありません。
 今回の舞台版の脚本は、登場人物それぞれの会話が人間っぽくていいなと思っています。ぎんもそうで、松永の事を想っているけれど、素直に言えなくて自分の思いを隠してわざと強いことを言ってしまったり、ちょっと嫌味を言ってみたりと…そこがかわいいんです(笑)。
今回共演する皆さんとはまだお会いしていませんが、皆さんとのお芝居が楽しみですし、熱い方々だろうなと勝手にイメージを持っているので、その熱さに負けないように、私も一生懸命ついていこうと思っています。
 演出の三池さんの作品は、どれも、人間のきれいな部分だけではなく奥深いところまで描いているなという印象があります。そういう人間くさい世界観にどっぷり染まれることが楽しみです。また、以前拝見した三池さん演出の舞台は、あっという間に感じる楽しいエンターテインメントだったので、今回も素晴らしいセットや音楽、アクションで楽しませてくださると思います。それを生で感じて会場が一体になれるのが舞台の魅力だと思うので、その感動を一緒に味わえたら嬉しいです。