Now Loading…

NEWS

2021.06.28 コメント映像<高橋克典>編!




高橋克典コメント

 黒澤明監督の映画は、この世界を志すからにはすべて観ておこうという思いもあって、若い頃から繰り返し観ていました。『醉いどれ天使』も何度観たかわかりません。初めて観たときはどう受け止めていいかわからないところもありましたが、年齢を経るごとに少しずつ意味がわかるようになり、染みてくるようになりました。
 この作品で黒澤監督が描いているのは、戦後の人々が必死に生き抜こうとする姿です。すべてが荒れて腐ったような環境のなかでも人間の命だけは輝いていて、主人公の松永も死を間近にしながらもその存在は燦然と輝いて見える。そこに、挫折した日本人が必死に這い上がって生きようとしている姿が投影されているような気がするんです。僕自身、若さというものが過ぎ去って、次の時期を生きるようになり、そういう生きるということに対するいろんなものが肌で感じられるようになっていますから。そんなときにこのお話をいただいて、非常にやりがいを感じているんです。
 真田という役も、今の自分だからやらせていただけるのではないかと、非常にうれしく光栄に思っています。真田は何層にもいろんなものを抱えている複雑な人物です。自分にもいろんな挫折がありました。ましてやコロナ禍ということもあって、今はいろんなことに直面せざるを得ません。でも、それでも生きていかなきゃいけない。ですから、自分自身を投影しながら、自分のなかにあるものを使って演じることができるのではないかと思っているんです。たとえば真田は、いつも飲んだくれていて、そこには何か理由があるとは思うんですけど、本当に医者なのかと疑うような部分もある。でも、自分で医者だと自負し、理想も持っていて、そのへんのねじれ具合なんかは自分と重なるところがあって(笑)。今から非常に愛着が湧いているんですよね。
 ビジュアル撮影は、どういうふうにやろうということは自分では考えずに臨んだんです。でも、衣裳を着て、髭をつけて、カメラの前に立ったら、まったく想像していなかった、役作りの参考にしたくなるような部分が自分で発見できて、今すぐ稽古に入りたい気持ちになりました。松永を演じる(桐谷)健太と一緒に撮影できたことも良かったですね。彼との対比が自然に立ち上がってきました。健太はものすごく爽やかでピュアな青年。松永という役も、純粋なものを手放さずにいるというか、この汚いものを脱ぎ去ってきれいになりたいという欲求を感じさせる人物です。ですから、健太は非常に役に合っているだろうし、松永は魅力的な役になるんじゃないかと思います。
 演出の三池さんとは、『サラリーマン金太郎』の映画版でご一緒していますが、やはり、人間の生きざまをえげつない部分まで描いた刺激的な作品が魅力。最近では市川海老蔵さんと作られた六本木歌舞伎『羅生門』が非常に面白かったですが、今回は自分も三池さんの影響を受けながら一から役を作っていけるのかと、楽しみにしています。
 コロナ禍で人と距離を取らなければならなくなりましたが、そうでなくても世の中は人と人が離れていっているような気がします。距離を取る良さもあるかもしれないけれども、僕はやっぱりそれでは寒い。これは、人々が体温が感じられる距離でぶつかり合い寄り添い合っていく物語です。ぜひ温まりにきてください。